FC2ブログ

玉仕立てははさみを裏返して使う

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 玉仕立てとは、丸く、あるいは円筒形、円錐形に刈り
込む木を総称していう。

 自分たちは上から刈っていくが、なれないうちは下方
の側面を刈って練習してから、上部に移動してもいいで
しょう。

 刈り込みは万が一、少しぐらいはでこぼこに刈ってし
まっても、すぐに枝葉が繁って、またずくに刈り込む機
会があるのだから、失敗をおそれず、とにかく何度も繰
り返すことだ。

 習うよりなれろ。実践あるのみです。

初心者は裏から

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 生垣を刈るとき、天端を決めたら、自分たちはまず見つけ
から手をつけるが、刈りなれない素人さんは裏で練習して、
仕上がりが目立つ見つけに移るのが安心です。

 刈るときは手前下部から上へ向かって刈り始め、つねに下
から上へ、下から上へ刈り進み、徐々に先へと移動していく。

 刈り込み面が平らになるように、ときどきは手を休め、全
体を見回し、なめらかになっているか確認することです。

角刈りの生け垣は天端に注意

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 生け垣は角刈りするものが多い。この場合、面と面の
光線をはっきりさせるのが、きれいに仕上げるコになる。

 生け垣の「天端」、道路に面する側を「見つけ面」、
庭側を「裏」と呼んでいるが、とくに天端は水平になる
ように気をつかう。

 周囲に見える建物の水平線を基準にして刈り込んでい
く。一気に仕上げようとしないで横から見直したり、少
し離れて全体をながめたり確認しながら作業を進めるこ
とです。

 あわてて急ぎ仕事をすると、ろくなことはない。

刈り込みばさみは片手を動かす

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 刈り込みをうまくするには、数をこなして経験をつむのが
いちばんの早道。刈り込みばさみも数多く使い込むうちには
要領がわかってくるが、素人さんのやり方を見ていると、ど
うも両手を動かして刈っているようだ。

 両手を動かしたんじゃ、うまく刈れない。刃の一方は刈り
込み面にあてて、もう一方の刃だけを動かして刈る。これが
ポイントです。

 右ききの人なら左手を固定し、右手を往復させて刈る。
玉仕立てなどでは刃全体を使わずに、刃元の3分の1を定規
として刈込み面にあてて、刃先の3分1だけで刈り込む手も
自分たちはよく使う。

2~3年に一度は懐の整理を

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 刈り込みを繰り返すと、刈り込んだあとから枝葉が密生
して、刈り込む面は美しい木になるが、刈り込みばかりし
ていてはだめだ。

 表面が密生してそろうほど、木の内部に風がかよわなく
なり、日もさし込まなくなる。刈り込んでばかりいると、
懐の小枝や葉が枯れてきて、そのままにすると枯れた部分
が広がって穴があいたり、病害虫が発生する原因になる。

 2~3年に1度は刈り込むほかに、枝をはさまないとい
けない。懐をのぞいて、枯れ枝があったらまずそれを枝元
からはさみ、こみ合っているところの小枝をやはり元から
はさんで、間引きをして枝数を減らす。

 こうすると、密になっている刈り込み面は変えずに、懐
の風通しや日当たりをよくすることができ、木を元気にさ
せる。




プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード