こみ合っているところを透かす

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ツバキは庭のわき役に適する木ですが、主木にしても
貫録がある。主木にする場合は、木に樹勢があるヤブツ
バキがいい。

 樹形が整いやすいからで、八重咲きや獅子咲き、絞り
咲きなど、品種はたくさんあるが、主木にする場合には
花を主体にするとかえって飽きがくるので、一重のおと
なしい基本種のヤブツバキを選んだほうがいい。

 大きなヤブツバキは徒長枝の発生も少ないので、あま
り手を加える必要もない。

 ただし、懐をのぞいて、枝がからみ合ったり弱々しい
枝が伸びていてこんでいるときには、枝元からはさんで
日や風が木の中にも通るようにしてあげる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード