FC2ブログ

2~3年に一度は懐の整理を

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 刈り込みを繰り返すと、刈り込んだあとから枝葉が密生
して、刈り込む面は美しい木になるが、刈り込みばかりし
ていてはだめだ。

 表面が密生してそろうほど、木の内部に風がかよわなく
なり、日もさし込まなくなる。刈り込んでばかりいると、
懐の小枝や葉が枯れてきて、そのままにすると枯れた部分
が広がって穴があいたり、病害虫が発生する原因になる。

 2~3年に1度は刈り込むほかに、枝をはさまないとい
けない。懐をのぞいて、枯れ枝があったらまずそれを枝元
からはさみ、こみ合っているところの小枝をやはり元から
はさんで、間引きをして枝数を減らす。

 こうすると、密になっている刈り込み面は変えずに、懐
の風通しや日当たりをよくすることができ、木を元気にさ
せる。




プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード