薬には混ぜてよいもの、いけないものがある

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 病気や虫が発生して、何種類もの薬剤を使う場合などは、
混ぜ合わせて一度に散布することができます。必ず散布す
る直前に一回分ずつ混ぜ、時間をおかずにまきます。

 水で薄めて使う薬剤のときも、散布する直前に使う分だ
け薄め、混ぜるときは、薄めてから他の薬と合わせます。
薬剤は混ぜ合わせたり、薄めてから時間をおくと、変質し
てしまうことがあるので、手を加わえたものを保存するの
はやめましょう。

 とくに注意したいのは、混ぜると危険な薬です。たとえ
ば石灰硫黄合材やボルドー液は他の薬剤と混ぜてはいけま
せん。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード