FC2ブログ

移植したら「幹巻き」や「敷きワラ」、剪定をする

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 移植すると、掘り出すときに根を切ります。そのため、
根から十分に吸水ができず、水揚げが悪くなります。

 木が枯れる恐れがあるので、移植したら、ワラなどを
幹に巻く「幹巻き」を施して乾燥を防ぎます。

 乾燥を防ぐために、幹巻きに劣らず重要なのが、「敷
きワラ」です。樹木は浅く植えますから、むき出しに近
い状態の根は、風などの影響を受けやすくなります。

 乾燥しがちなときは、水鉢の中にワラを敷いて根を覆
います。寒い地方では、敷きワラは防寒対策としても有
効です。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード