FC2ブログ

大きくて根づきにくい木は「根回し」を行う

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 根の先端に密性しているひげのような細根は、土に
食い込んで養水分を吸い上げるはたらきをしています。

 この細根が多く、土に密着しているほど、養水分が
たくさん吸い上げられて樹勢がよくなるわけで、移植
後の根つきのよしあしは細根にかかっています。

 ところが、根が長くて広がっていて、掘り出すとき
に根の先を切り落としてしまう成木や、タイサンボク
のように細根がほとんどできない樹種は、そのまま移
植すると、細根がないために枯れてしまうことが多い
のです。

 根づきをよくするために、移植の1年ほど前の3月ご
ろに「根回し」を行います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード