FC2ブログ

実つきをよくするには小枝を落とさない

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ナツグミの剪定は冬の落葉中に行います。
徒長枝は枝元から切り落とし、木の内部の込み合った部分
の枝を取り除いてすっきりさせます。グミの実は小枝につ
くので長い枝を落とし、短い枝はなるべく残します。

 ヤゴが頻繁に発生します。放置すると、幹よりも長くな
ることがあるほど勢いがいいので、見つけしだいかきとり
ます。

 ナツグミには、春の新芽にアブラムシもついたり、夏に
カイガラムシもつくことがあります。実のついていない冬
に石灰硫黄合材を散布して予防します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード