FC2ブログ

木バラのシューウト(ヤゴ)を切るのはタブー

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 木バラが若いあいだは幹元から勢いよくシュート(ヤゴ)
が延びます。徒長枝ですが、よい花をつける枝なので、伸び
る方向が悪くない限り切らずに残します。

 剪定のほかにも肥料やりもバラの花つきに影響します。
8月を除く6月から10月まで、市販の化成肥料をまきまし
よう。

 冬は11月に堆肥や鶏糞などの有機質肥料を株のまわりに
混ぜ混みます。また、花の時期にたっぷりと水をやることも
バラの栽培のポイントです。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード