FC2ブログ

刈り込んで仕立てるつもりなら小さいうちから放任しないこと

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 刈り込み仕立てにする樹木は、幼樹のうちから、円錐形や
玉ものなど、仕立てたい形に作って育てます。

 木が小さいあいだは刈り込みは弱く整える程度にし、成長
の著しい頂部は、横に広げたいときには少し強めに刈り込み
ます。

 年数がたち、希望の樹高に到達したところで樹芯をとめ
強く刈り込んで形を一定に保ちます。

 刈り込みは表面のなめらかさがポイントの一つです。
樹木が好みの高さに育つまで放任し、大きくなってから急に
刈り込んで形をつくろうとしても、樹冠がきれいにそろわ
ない場合があります。


プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード