FC2ブログ

折れやすい樹種の切り口には手当てを欠かすな

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 サクラなどの枯れ込みやすい樹種の枝を切りもどすとき
には要注意。植木ばさみで切れる程度の太さの枝なら、そ
れほど心配いりませんが、切り口が大きいと、腐って枯れ
てくることがあります。

 防ぐためにはまず、切り口はできるだけなめらかに、切
り口はできるだけなめらかに、切り出しナイフなどで削り
ます。傷口は防腐剤として、ペンレートなどの殺菌剤や、
盆栽などで使う接ぎロウ、赤土を湿らせて粘土状にしたも
のなどを塗って保護します。

 横枝を枝元から切り落とすときは、枝元ぎりぎりまで落
とし、切り口をなめらかに削ります。これは「水切り勾配」
といい、雨水の侵入を防ぎます。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード