FC2ブログ

枝数を少なくするなら切りもどさない

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 「切りもどし」剪定は枝を途中で切ることです。枝先を
切り詰めて枝を短くします。切りもどす分量が長いものを
「強剪定」、短いときは「弱剪定」といいます。

 切りもどしで切ったあとは一時的に枝が短くなりますが
切り口に近い芽から数本の勢いのよい新芽が伸び、すぐに
枝先の枝数はふえます。

 強剪定した場合は剪定する前よりも枝が良くなることが
あるので、木を小さくするなら、枝分かれした部分で長い
枝を切る「切り替え」剪定するといいでしょう。


 
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード