FC2ブログ

樹冠を内部から整えるには「大透かし」にするといい

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 枝透かしは切る枝の位置によって、三種類に分けられます。
ただし、呼び名や区別は一定ではなく、地方によって異なり
それぞれの庭師によって違うこともある。

 一般に、太い枝をのこぎりを使って枝元から切り除き、枝
ぶりを大きく整える方法が「大透かし」です。比較的大きな
枝をのこぎりと剪定ばさみを利用して切り、大まかに樹形を
整えるのは「中透かし」で「荒透かし」「野透かし」などと
もいいます。

 ほぼ樹形ができあがっている樹木の、伸びすぎたり込み合
った小枝を、植木ばさみで切り除いて美しく仕上げる剪定が
「小透かし」です。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード