FC2ブログ

切ったあとは目立たせない

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 樹木は自然のままのほうが、個性を発揮して樹形がまとまり、
美しいものです。できれば切らずに育てたいのですが、庭木の
場合は剪定しないわけにはいきません。

 樹形を整える剪定の基本は、できるだけ切ったことがわから
ないように、自然に近づけて切ることです。枝を一本切る場合
も、どこをどう切れば、切り口が目立たないかを工夫します。

 枝先がブツブツと切りとられていたり、切り落とした枝元が
飛び出て残っていると、いかにも「切りました」という感じに
なり、不自然で剪定の仕上げがすっきりしません。

 葉のつけ根や枝分かれしている部分で枝を切るなどして、隠
すように心がけましょう。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード