FC2ブログ

花芽のパターン知らずの剪定は失敗のもと

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 花芽のつき方と開花のしかたは4パターンに分かれ、
これを無視した剪定は失敗します。

①今年花芽をつけて今年開花するタイプ
 春になって芽吹いた枝に花芽がつき、だいたい夏か
 ら秋にかけて開花するもの。花が終わってから翌年
 に芽吹くまでのあいだなら、花芽がないのでいつで
 も剪定できます。

②花芽が冬を越して翌年開花するタイプ
 春に咲くものはこのタイプが多く、開花するために
 は花芽が冬の寒さを通り抜けることが大切なプロセ
 スです。側芽に花をつけるのは、ウメ、モモなど。
 これらは花芽分化後に剪定しても、花芽を残すこと
 ができるので、比較的自由に剪定できます。

③今年の枝についた花芽が翌年わずかに伸長して開花
 するタイプ
 今年ついた花芽は翌年に伸長して新しい短枝をつく
 り、その先端で花が咲きます。これらは短枝を切ら
 ないことが大切です。

④春に伸びた枝に花芽をもった芽をつけ、翌年にそこ
 から新梢を伸ばし開花するタイプ
 花芽をつけている開花母枝から翌年の春に開花枝を
 伸ばし、その頂芽や側芽に花が咲きます。これらは
 花後すぐに剪定し、5月~6月以降は枝の先端を切
 除しないことです。










プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード