FC2ブログ

生垣や目隠しは樹高を高くしてはいけない

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 剪定には木を植えた目的を維持する意味もあります。
たとえば、高木の根元を隠したり、大きな石を引き立てる
ために、前に低木を植えることがあります。

 木が大きくなって主役の木や石を隠すことのないように
剪定します。

 生垣や目隠しの庭木も、背が高くなると役にたたなくな
ります。木が成長すると枝葉が全体に上へ伸びるので、樹
形を整えるために下枝を落とします。

 ところが、生垣や目隠しはの庭木などは、芽よりも下に
枝葉が繁っていないと、視線をさえぎることができません。

 そのため、樹高を一定に保って下枝を残し、枝葉を密にす
る剪定や刈り込みを行います。



プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード