FC2ブログ

仕立てるなら、成長途中から強く刈り込む

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 刈り込んで、球形、楕円形、角形にしたり、玉散らしに
仕立てたりする場合、あるいは動物などの形にするトピア
リーを楽しむ場合には、少し技術が必要になる。

 この場合は、あとからやろうと思っても無理があるので
木が幼いうちから形をつくって育てる。

 木がまだ小さいうちは弱剪定を行って、枝葉を伸ばしな
がら形を整え、成長が促されるようになったら、少し強め
に刈り込み、目標とする大きさに成長したところで芯を止
め、その後は、強めに刈り込んで形を保つようにする。

 途中から刈り込んで仕立てたいと思ったら、少し強めに
刈り込む。2~3年は、枝の切口が見えたり、不ぞろいだ
ったりするが、だんだん整い、きれいな枝葉の表面を見せ
てくれる。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード