FC2ブログ

枝先をふやすなら「切り戻し剪定」、樹形を小さくしたいなら「切り替え剪定」

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 枝や葉が透いていて、枝葉をふやしたほうがよい場合は、
「切り戻し」をする。切り戻しとは、枝を途中で切り詰め
て枝を短くし、樹形を整える剪定方法です。

 切り詰めた部分からは数本の勢いのよい新梢が伸び、先
端の枝数はすぐにふえる。樹形は多少縮小化されるが、若
返った枝葉が密で、樹勢も回復する。

 さらに樹形を小さくしたいときは、強剪定するか、「切
り替え剪定」をする。強剪定すると、一時的に樹形は小さ
くなるが、成長が促されて、前よりも枝がのびることがあ
る。

 これを避けるなら、枝分かれしている部分で長い枝を切
り取り、切り替え剪定をすすめる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード