FC2ブログ

自然をまねて剪定すればいい

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 剪定というと、むずかしく考える人がいる。なかには、
「木は自然の姿がベストではないか、剪定の必要がある
のだろうか」という人もいる。

 自然の木は、たしかになんら手を入れなくてもきれい
に整い、趣のある姿を見せてくれることがある。不必要
な枝葉は、自然に朽ちて淘汰されることも少なくない。

 でも、庭は、自然の一部を限られた土地に再現した、
いってみれば「人工の自然」。その中に環境も異なる多
種の木を植えているので、この中で育つ木は、放ってお
くと、自分なりの成長を遂げて、庭の秩序を乱してしま
う。

 また、ほかの木と競合して、本来の姿が乱れることも
ある。これを避けるため、自然をまねて手入れし、剪定
する。それによって、木はきれいな姿を見せてくれる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード