垣根に使用する庭木選び

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ブロック塀ほど無味乾燥なものはない。しかも、ブロック
やコンクリートにすると、あとでつぶしがきかない。塀なら
生垣をすすめる。葉や花がきれいな木を植えて、庭のように
楽しむのである。風が抜け、四季が反映される。

 生垣というと、とくに羽振りのよい家では、目隠しをして
ほしい、2階の窓までとどくような高い目隠しをつくってほ
しいという。しかし、逆に若い人は目隠しを切ってほしいと
いう。最近は、高さのあるものより、低い生垣のほうが多い。

 生垣に使用する木には、イヌツゲ、キャラボク、クチナシ
サザンカ、ツツジ、トキワマンサク、ピラカンサなどの常緑
樹、シモツケ、ユキヤナギ、レンジョなど花のきれいな落葉
樹があげられる。


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード