FC2ブログ

最近は、株立ちのやさしさが好まれる

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 好まれるの木も、時代や環境の変化とともに変わっていく。
30年くらい前までは、モチノキ、モッコクなどの常緑樹が主
木として好まれた。

 いま、モチノキやモッコクを植える人はめったにいない。
これらの木は本来、庭づくりに必要な木だった。それだけで
庭が引き締まった。が、むしろいまは、落葉樹が好まれ、そ
れも株立ちのやさしさが求められている。

 シンボルツリーとしては、落葉樹の株立ちのヤマボウシ、
サンシュウ、アカバナエゴノキ、卵形の樹形になるヒメシャ
ラ、常緑樹ではトキワマンサク、ソヨゴなどが人気です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード