FC2ブログ

赤い実をつける縁起木

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 センリョウ(千両)とマンリョウ(万両)は、縁起木の
代表挌です。その名がお金を意味することから「財を
成す」との縁起をかつぎ、古くからじつに多くの庭に
植えられてきました。

 いずれも冬に小さな赤い実をつけ、冬枯れの庭を美
しく彩り、正月を飾る花としても重宝されています。

 昔からセンリョウ、マンリョウと対句のように言わ
れていますが、じつは、この二つはちがう仲間なので
す。

 センリョウはセンリョウ科で、葉の上の茎の先に赤
い実をつけ、マンリョウはヤブコウジ科で葉の下に茎
を出して鈴なりに実をつけます。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード