自然樹形の剪定法

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ツバキもサザンカは、自然樹形で楽しむ場合も、ある程度
剪定して樹枝を整え、同時に樹冠内部に日照と通風を確保す
る必要があります。

 日当たりのよしあしで枝の伸び方が異なりますので、放っ
ておくと、どうしても枝葉の多い部分と少ない部分ができて
いびつな格好になってしまいます。

 枝元に四~五枚残して切り戻すのが基本として、勢いのい
い枝は強く、勢いのない枝は弱くはさむというように、全体
の姿を見て強弱をうまく按配することが大切です。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード