切口には殺菌剤を

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 古くから「サクラ切る馬鹿、ウメ切らぬ馬鹿」という言葉が
あります。サクラは切った後の切口から雨水や病原菌が侵入し
腐れを生じやすいことを示した言葉です。

 だからといって、伸びるのにまかせるわけにもいきません。
木バサミや剪定バサミではさめる程度の枝なら問題ないのです
が、ノコギリでなければ切れないような太い枝の場合は要注意
です。

 太枝の切口は、ナイフなどで滑らかに削ったのち、ハケなど
で殺菌剤をしっかりと散布することが必要です。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード