花と香りの生垣としての利用も可能

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 カラタネオガタマは、四~五月頃に黄褐色の花を咲か
せます。モクレン科のなかでは最も花が小さいのですが
バナナに似た甘くて強い芳香があたり一面に広がるのが
大きな特徴で、人気の秘密でもあります。

 オガタマと比較して木も小さく、樹高が三~四メート
ルと、さほど場所をとりませんので、玄関前のアプロー
チにちょっと添えてみたり、生垣として利用する家もあ
るようです。
プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード