ウメらしい樹形をつくる

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ただし花つきをよくしようと思って、花芽を残すこと
だけを考えて毎年剪定を繰り返していると、ウメ特有の
趣ある樹形をつくることはできません。

 ウメは勢いがよく枝先が伸びやすいので、伸びるにま
かせておくと、花のつく位置がしだいに上へ上へと行っ
てしまい、幹まわりが寂しくなります。

 幹に近い短枝に花をつけてこそ、日本画に見られるよ
うなウメらしい風情となるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード