毎年花を咲かせるために

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 アセビは、前年に新枝の頂部から花穂を伸ばし、四月頃に
花をつけます。

 毎年、確実に花を咲かせようと思ったら、花後できるだけ
早く花穂を切り取ること。

 そのままにして結実させると木が疲れ、翌年の花つきが悪く
なります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード