短い枝に切り替えて成長を抑制する。

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 白い樹皮と鮮やかな葉の緑が美しいコントラストを描く
シラカンバは、さわやかな高原のイメージがあります。
 そのイメージどおりに高冷地に向く木ですが、東京など
の都市部でも日照と通風を確保すれば、生育が可能です。

 気温が高いところでは成長が早く、樹高も予想外に高く
なります。他の樹種なら主幹を切って樹芯を止めたいとこ
ろですが、それではシラカンバの持つしなやかな樹姿が損
なわれてしまいます。

 ですから木が大きくならないうちから、長い枝をはずし
て短い枝に切り替えながら育てていくといいでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード