シマトネリコは剪定で庭に合った大きさを維持する

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 シマトネリコは、もともと沖縄、中国、台湾、フィリピン、インド
などに分布する木ですが、小さな葉が密についた姿がいいと好まれて
最近ではかなり出回っています。

 暖地性の木なので、関東から西では庭木として育てることができま
す。この木は、成長が早くすぐに大きくなるため、剪定によって庭の
広さに見合った大きさを維持したり、小さくもとめることが必要です。

 剪定時期は、新芽が吹く前の三月頃がいいでしょう。伸びすぎた枝
をはさんだり、古くなった枝を間引いて、新しい枝に更新したりしま
す。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード