新芽を摘む「みどり摘み」

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 マツは、春に枝先に数本の新芽が発生します。
この新芽のことを「みどり」といい、この芽が枝になる前
に、元から摘み取って枝数を少なくしたり、途中から折り
取って伸びを調整しなくてはなりません。

 この作業を「みどり摘み」と呼び、これを行わないと、
みどりが伸びすぎて、マツがもつ美しい樹形が著しく損な
われてしまいます。

 みどり摘みは、新芽が硬くならずに、まだ指で折れる頃
に行わなければなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード