木の害虫とその防除

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 害虫は、「葉を食害する虫、樹液を吸う虫、樹内に
潜り食害する虫、地下に生息して根を食害する虫」に
大きく分けられています。

①葉を食害する虫:木の葉や新芽を食害する害虫には、
 ケムシ、イモムシなどの蛾や蝶の幼虫、甲虫類など
 非常に多くの種類がいます。
 これらを見つけたら、捕殺するか、殺虫剤を散布し
 て駆除します。

②樹液を吸う虫:木の新芽、若葉や枝などに寄生して
 樹液を吸う害虫には、アブラムシ類、カイガラムシ
 類、ハダニ類などがいます。駆除するには殺虫剤を
 散布します。

③樹内に潜り食害する虫:枝や幹に潜り込んで食害する
 害虫には、スカシバ、ボクトウガ、シンクタイガなど
 の蛾の幼虫、カミキリムシ、タマムシなどの甲虫類が
 あげられます。これらの害虫駆除には、成虫を捕殺す
 るほか、樹木の内部に深く入り込んでしまった幼虫
 に殺虫剤を木に注入します。

④地下に生息して根を食害する虫:コガネムシ、カブト
 ムシ、セミなどの幼虫は地下に生息し、庭木の根に
 1年中被害を与えます。駆除するには、株元に殺虫
 剤を注入するといいです。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード