FC2ブログ

定芽のつき方と枝の出方

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 定芽のつき方は、樹種により「互生」「対生」「輪生」に
大別されています。これによって枝の伸び方が異なり、樹形
などにも深く関係してきます。

互生:一か所から一本、交互になる枝の出方です。
   イヌツゲ、ウメ、カナメモチ、ツバキなどは一般的な
   樹木は互生です。
対性:同じ位置から対になる枝の出方です。
   モクセイ、クチナシ、ザクロ、モミジなどが対性で、
   通常はどちらか一方を除いて互生の形にします。
輪生:枝の一カ所にいくつかの芽が集まったかたちで、枝で
   枝は四方に伸びます。通常は間引いて枝数を減らしま
   す。主な樹種にクロマツ、モッコク、ツツジ類、ジン
   チョウゲ、シャリンバイなどがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード