FC2ブログ

木は1年をどのように生活しているか

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 私たち人類よりも先に、樹木たちはその地域の環境に順応
して大地にしっかりと根をおろしてきました。春、夏、秋、
冬と四季がはっきりと分かれいる日本では、樹木はその季節
既設に合わせて生活を営んでいます。

 ほとんどの木は、一年間をほぼ規則正しいサイクルで生活
しています。それは、四季の変化がはっきりと目に見える落
葉樹はもちろん、見た目にそれほど変化が見られない常緑樹
でも同様です。

 春に芽吹き、新芽が開いて新枝を伸ばします。八~十月は、
枝や幹が太く充実する時期です。十一~十二月頃になると、
落葉樹は葉を落として、枝ののみの裸木になり、常緑樹の葉
は色褪せて、樹種によっては古葉を落とします。一~二月の
厳寒期は、春の芽吹きまでの休眠の時期となります。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード