FC2ブログ

剪定には適期がある

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 七月の後半から八月、真夏の炎天下、住宅地を歩くとしばしば
はさみの音が聞こえます。庭の木や生垣が、枝葉を茂らせて鬱蒼
となったため、刈りこんでいるのでしょう。

 それも樹種に関係なく行っているようで、終わってみれば、ど
の木もきれいさっぱりです。しかし、そのきれいさっぱりはほん
の一時でしょう。九月の声を聴く頃には、庭は果たしてどのよう
な状態になっているでしょうか?

 多くの樹種では、この時期、勢いが非常に強いので、剪定して
もすぐに再萌芽して枝が伸び、元の状態に戻ってしまいます。
元の状態に戻るだけならいいのですが、剪定前よりも、樹形が乱
れてしまうのが普通です。

 このように木は、樹種によって剪定に適した時期があります。
時期を考えずに剪定することは、木の生理を無視することで、木
のためにならないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード