fc2ブログ

「十月の投げマツ」というが、、、

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 旧来いい継がれてきた諺で、旧暦の十月ごろにはマツも
休眠期に入り、投げ捨てておいても根づくという意味だ。

 ところがいまじゃ、ちっつと通用しない。冬場近くにな
ってマツを植えつけたり、かたしたり、(移植したり)は
しない。どうしてもやらなくちゃいけない場合は、もちろ
ん別だ。

 マツそのものが江戸の昔よりも軟弱になった。ことにア
カマツは、通常は五月、もどりがそろそろかたまり始める
かな、と思う時分に行う。経験上、活着する率が一番高い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード