FC2ブログ

真夏に切るのはタブー

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 ハナミズキは、葉を落としているときには、すでに花芽も
はっきりわかるようになっている。放任して育てたい木だが
どうしても大きくて邪魔になるときは、この時期にはさむ。

 ミズキの名前がついているように、水の吸い上げがさかん
な木で、冬眠からさめて、根が活動を始めてからはさむと、
切り口から樹液が吹き出して、枝枯れの原因になる。

 つぼみがついているので、花が見たくてついはさみそび
れてしまうようで、芽が動き出したら手遅れだ。枝が邪魔に
なってとばすのだから、花が多少犠牲になるのは仕方ないこ
とだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード