FC2ブログ

秋の手入れはできるだけ遅くに

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 十年、あるいは十五年前くらいからだろうか、木が冬眠
しなくなってしまった。

 関東地方の寒さも昔からくらべると、たしかにゆるくな
ったが、木も徐々に暖冬に適用するようになった。

 シダレヤナギは、かつては秋口に一番早く葉を落とす落
葉樹だった。が、今では、冬も葉をつけている。半落葉性
の木になった。異変をおこしている。

 秋の手入れは比較的重要で、だいたい十月にはお庭にお
邪魔して、整枝をしたもんだ。

「秋の手入れは寒さを迎える前の十月までには剪定を終え
るように」と教えられたが、関東地方限ってではないと思
うが、秋の手入れは十一月半ばすぎでいいようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード