急がせ仕事が多すぎる

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 昔からよく、お年寄りのいるヒバがきれいだといわれるのは、
暇にまかせて、芽つみなどをきちんとやっているからだ。
 「予算をうんぬんしないから、きれいに仕上げてくたさい」
と頼まれれば、自分たちも足を何度でも運んで手をかける。
本当にていねいな仕事になったら、イトヒバは一枝、二枝の整
枝だけで一日仕事になってしまう。

 最近は早く、安く仕事をやってくれる庭師が、腕がいい庭師
だと評価する趣向がある。ふだんはほうっておき、ぼさぼさに
しておいて、こざっぱりさせてくれという頼み方だ。若い庭職
が育ちにくい時代になった。

 こざっぱりさせてくれと要望されると、木を必要以上に切り
すぎる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード