葉のないところではさむのはタブー

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 イトヒバを手入れするとき、「葉っぱのないところで絶対に
切るな」と、先輩たちによく聞かされた。うっかり梯子でもぶ
つけて、古い枝を折ろうものなら大目玉だった。ことに、いい
姿で、堂々と立っているイトヒバをいじるときは、かにり神経
を使ったものです。

 シイゆモッコクなら、かりに誤って枝を折っても、切り戻せ
ば芽を吹いてくるが、イトヒバハそうはいかないからだ。
 イトヒバだけでなく、ヒバ類は共通していえることは、緑の
ある部分だけからしか萌芽しない。

 枝先を揃えるときは、はさみは使わず、手でつむ、つむとき
は必ず葉のある部分で行うこと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード