FC2ブログ

おかしな考えの街路樹選び

おはようございます。操栄造園土木の坂本一三です。

 街路樹がイチョウから別の木に変わってきている。
たとえばマロニエやプラタナス、フウなどに、イチョウは葉が
落ちても乾かないから、雨にぬれると舗道が滑って危ないし、
昔はギンナンがなる雌木をかまわずに植えていたから、季節に
は匂う。街路樹に敬遠される理由はわかる。

 プラタナスがよく植えられているが、 木の性質をあまり、
考えないで選んでいるんじゃないかと思えるくらい、場違いな
街路に植えられていたりする。民家のすぐ面した狭い道に植え
たりするから、住民から、「葉で日が当らない」と苦情がでる。
近くに電線もあるから、頭は落とされいる。そのため年中、刈
り込んでいる。

 植え場所に応じて、木には適材適所があるはずで、プラタナ
スは中央にグリーンベルトを設けたような、広い道に植えるな
らいい。美しい樹形の木だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

操栄造園土木

Author:操栄造園土木
操栄造園土木のブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード